会社をやめる前にやっておくべきこと

フリーランス
この記事は約3分で読めます。
ですた
ですた

ですた(@desuta_freese)です!

会社をやめる前にやっておいた方が良いことがたくさんあるのでご紹介。

フリーランスエンジニアになる方、検討している方は確認しておいてください。

 

スポンサーリンク

会社をやめる前にやっておくべきこと

1.貯金をしておく

フリーランスエンジニアになるということは、

不安定であるということを念頭に置いておかなければいけません。

すぐに案件が獲得できない場合だって0ではありませんし、

すぐに収入が入らない場合もあります。

突然、体調を崩してしまう可能性だってあり、

サラリーマンのように有給休暇や各種手当などもないのです。

なので、最低でも3ヵ月程度は無収入でも食べていけるだけの貯金があると良いでしょう。

ですた
ですた

体調を崩してしまうのは怖いよね・・・。

案件はエージェントに頼ってます!

 

2.クレジットカードを作成しておく

サラリーマン時代はあまり感じることはありませんが、

フリーランスになると信用の大切さに気づかされます。

フリーランスは個人事業主なので、サラリーマンよりも信頼は無くなります。

その為、住宅ローンを組む際や銀行から借り入れをする際に

与信が通らないことだってあるのです。

同様にクレジットカードの発行も、

フリーランスになると作成するのが難しくなります。

ぜひ会社をやめる前にクレジットカードは作成すべきだと思います。

ですた
ですた

法人化して信用を得るという方法もあるみたいね!

 

3.人脈を作っておく

フリーランスエンジニアは、サラリーマン時代と違い、

営業活動をして、案件を獲得しなければなりません。

エージェントを使用すれば案件を紹介してもらえますが、

それ以外にも案件獲得の幅が広がったり、

思いもよらない繋がりができたりする場合もあるので、

サラリーマン時代に人脈を作っておくに越したことはないでしょう。

ですた
ですた

業界は意外と狭いから、何があるかわからないしね!

 

4.経験と知識を蓄えておく

サラリーマン時代に経験できそうなことや

得られる知識は蓄えておいた方が良いです。

サラリーマン時代は、会社の看板があるからこそ採用してくれている人や企業も多いでしょう。

しかし、独立してフリーランスエンジニアになると会社の看板は外れ、

あなた自身の能力が問われるようになります。

会社の看板を外した時に、あなたは自信を持って

自分をアピールするだけの経験と知識はあると言えますか?

また、その経験と知識は人に説明することができますか?

ぜひサラリーマン時代に、採用しても申し分ないなと思ってもらえるようにしておくと吉です。

私自身ももう少し経験をつんでおけば良かったかなと思う時もあるので、

完璧なんてものはありませんが。

ですた
ですた

一社会人として認められる人材を目指そう!

 

まとめ

1. 貯金をしておく
2. クレジットカードを作成しておく
3. 人脈を作っておく
4. 経験と知識を蓄えておく

転職をする時は結構勢いとかもあったりするかもしれません。

後から先にやっておけば・・・と、悲しい思いをしないように。

ですた
ですた

転職は人生でも大きなイベントの一つ!

後悔の無いように!

ではまた!

 

// 良かったらポチっと!//

にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ
にほんブログ村

システムエンジニアランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました